Knitted into your daily life


あたたかくて、チャーミングなニットさえあれば。

2021年10月22日

久しぶりのスモールトーク。
秋の装いで、肩を寄せて近況報告をしたり。
ささいな言葉からも相手のあたたかさが感じられる時間。
ちょっとそこまで、ニットを着て歩いていく。


柑橘の風味を感じる鮮やかなカラー。ゆとりがありながらも、身体にフィットする上品なシルエット。
WOMEN’S LAMBSWOOL


ブラウンのニットは、メリノウールで保温性は抜群。吸湿、通気性もよく、服の中の蒸れを軽減するから室内でも快適。
MEN’S MERINO

最高に肌触りのいいラムズウールは、袖を通した瞬間から心地よく、寒さの厳しくなる秋冬に自然と手が伸びる。
WOMEN’S LAMBSWOOL

みずみずしい色をまとう

柔らかなスコットランドの水で洗われたニットは、ふっくらと高揚する気分まで包み込む着心地。シーズンのキーカラーである「ゼスト」は柑橘の皮という意味で、その名前の通り、ワードローブに爽やかな風味を添える。脇に縫い目がないホールガーメントのつくりだから、ほどよくフィットしてごわつきはない。ブラックやネイビーのアウターの内側に、あざやかな差し色をのぞかせるなんてのもいい。きっと楽しい冬になる。

手元やウエスト、首下のリブに注目。色の切り替えによってコントラストがうまれて、1枚でサマになる。
MEN’S MERINO

安心感のあるバルキーな生地

色の交差が可愛らしいローゲージニット。3色の糸で編み立てられ、ざっくりとした凹凸感は秋冬の気分を盛り上げる肌ざわり。軽すぎず、ほどよく重みのあるバルキーな生地のニットは、袖を通すと安心感がある。襟や袖口のリブの切り替えが、肩の力の抜けたリラックスした雰囲気のニットにメリハリをつくって、上品に引き締める。スタンダードな革靴との相性もいい。

Photography|Hiroko Matsubara
Styling | Yuriko E
Hair & Make-up | Rumi Hirose
Cast | Sandro, Hanae
Text | Yoshikatsu Yamato (kontakt)

WOMENニットアイテム一覧はこちら

MENニットアイテム一覧はこちら