HOMEJOURNAL

INTRODUCTION : SUNSPEL X ROYAL ACADEMY

2018年7月13日

色彩の原理:プリズマティック・コレクション

ある色が他の色とはっきり違って見える、ということはどういうことなのでしょう?色が私たちの気分に与える影響とは?色は謎そのものです。けれどゆるぎのない原理に乗っ取ったものでもあるのです。

サンスペルは色彩の魅力にとりつかれたブランドです。確かにコアとなる定番のネイビーのように必ず登場させる色もありますが、シーズン毎に変わる独特のカラーパレットがコレクション全体の雰囲気をつくり出します。

ですから、ロイヤル・アカデミーの250周年を記念するコラボレーションのチャンスが舞い込んで来た時、注目したのは色でした。そして、18世紀のカラーホイール(色相環)こそ、ロイヤル・アカデミーが所有するコレクションの中でもっとも印象的で歴史的に重要なものです。

『ザ・ナチュラル・システム・オブ・カラーズ』はほんの10ページの書物ですが、英国文化に劇的な影響を与えました。作者モーゼス・ハリスは昆虫学者で、自ら手作業で色付けした美しい版画で著作の挿し絵を作成していました。昆虫を研究するのと同時に、色彩についでも研究することになったのです。そして、多くの色が、たった3色、赤、黄、青から作り出せることに気がつきます。さらに、彼が生み出した色彩のスペクトルが単純な線状のグラデーションではなく、環状に形作られる「ホイール」であることも発見しました。

ロイヤル・アカデミー250周年の記念にサンスペルが作ったプリズマティック・コレクションは、それぞれのTシャツがこの有名なモーゼス・ハリスのプリズム・カラー・ホイールに忠実な色で作られています。素材のカラースワッチから最大の注意を払ってカラー・ホイールの純粋で濁りのない色調にぴったり合う6色を選びました。ロングイートンのサンスペル自社ファクトリーで作られた英国製です。

ロイヤル・アカデミーは、公的な支援を受けていない独立した機関です。このコレクションの売上は、国際的に高い評価を受けている展覧会の企画と美術学校のサポートに活かされます。

この6色のTシャツは、水彩絵具で捉えたモーゼス・ハリスの鋭い感性と、彼の色彩の原理に対する理性的な探求への賞賛です。

サンスペルは、色のとりこになった人を見つけたら褒め称えずにはいられないのです。