How To Care For Your Merino Wool Jumper

2021年4月20日

サンスペルの素材を専門にするチームがメリノ素材のニットのケア方法をまとめました。

メリノニットの洗濯方法…まず取扱表示を確認することが大事ですが、サンスペルのメリノニットはドライクリーニングを推奨いたします。

サンスペルのメリノニットにアイロンがけは必要ありませんが、もしなかなかシワが消えない場合はウール設定にして、優しくスチームをかけるか軽く霧吹きをかけてシワを浮き上がらせてからアイロンをかけます。テカリが出てしまうので強く圧力をかけることは避けましょう。

着用時の注意点…連続しての着用を避けて、ニットを休ませると毛玉の発生を遅らせることが可能です。ちなみに毛玉の発生は摩擦が原因。着用時はもちろん洗濯時やカバンなどと擦れることも原因のひとつです。そのためにもニット同士の重ね着、過度の摩擦は避けるように注意しましょう。

万が一毛玉が出た場合は、手で取り除くか、手芸店などで取り扱っている毛玉コームを使ってみましょう。糸を引っ張ったり穴にならないように気をつけてください。

ニットはハンガーにかけるのではなくたたんで収納してください。 ハンガーにかけると重みで伸びてしまい、こぶのようなハンガーの跡が肩の部分に残ってしまいます。

長期間収納する場合は、特に虫食いに注意が必要です。 ニットが清潔な状態でないと、虫が汗や食べこぼしをエサにしてしまいます。密閉した袋や衣装ケースに収納するのはよいアイディアですが、掃除機で空気を抜く収納バッグは圧力が強すぎて型崩れの原因になるので避けてください。
虫除けグッズの中には香りが不快なものもありますが、ラヴェンダーやローズマリー、シダーといった自然の虫除けは効果も高く香りもよいのでお勧めです。