シーアイランドコットンの物語

2021年5月6日

シーアイランドコットンは世界で最も希少で最高級のコットンであり、
そこから非常に柔らかい、最高級の生地が作り出されます。
これがその物語です…

ヴィンテージのサンスペルのシーアイランドコットン製品

最高の品に囲まれた人生の素晴らしさをジェームス・ボンドも、その生みの親であるイアン・フレミングも、とてもよく理解していました。そんな彼らからシーアイランドコットンは最高の品の一つとして選ばれ、彼らは世界のどこにいても、シーアイランドコットンの生地で作られた服を好んで着ていました。シーアイランドコットンは、上質で均一な質感と絹のような光沢で、非常に柔らかく最高の肌触りで、最も快適な生地の1つです。同時に非常に丈夫な生地の一つにも数えられており、ジェームスとイアンの選択は賢明であったと言わざるを得ません。最高品質のシーアイランドコットンで作られた衣類は非常に長持ちで、サンスペルの「無駄のない贅沢」と言う哲学を反映しています。

今日、シーアイランドコットンは間違いなく最高級で最も希少なコットンであり、ニットウェア、ポロシャツ、シャツ、そしてもちろん下着など、多くのサンスペルの商品に使用されています。

撮影現場のイアン・フレミングとショーン・コネリー Image credit

WHAT MAKES SEA ISLAND COTTON SO SPECIAL?
シーアイランドコットンは何故そんなに特別なのでしょうか?

毎年世界では約1億ベール(約226億キロ)以上のコットンが生産されています。そのうちのわずか2百万ベール(4億5千万キロ)が、34ミリメートルより長い繊維を持つ長繊維綿として知られており、繊維が長いほど上質な生地が出来上がります。シーアイランドは長繊維綿のカテゴリーの中でも、年間約150ベール(約3万4千キロ)しか収穫されず、お茶に例えるならば大紅袍(Da Hong Pao)ウーロン茶と同じくらい非常に希少でありそれ故高価になっています。

その細くて長い繊維を紡ぐには卓越した技術が必要となり、そうして紡がれた糸からは想像できる限り最も柔らかく、絹のようなコットン生地が生み出されます。

THE ORIGINS OF SEA ISLAND COTTON
シーアイランドコットンの起源

シーアイランドコットン(Gossypium barbadense)はサウスカロライナ沖の島々にちなんで名付けられましたが、15世紀からカリブで栽培されてきました。しかし驚くことにシーアイランドコットンの起源は、ラテンアメリカまで遡る事ができるのです。現代の放射性炭素年代測定により、シーアイランドコットンは6千年以上前にエクアドルとペルーの沿岸で栽培されていたことが明らかになりました。まさに驚きの起源です。



Gossypium barbadenseプラント


カリブの地図 - サンスペルアーカイヴより

SUNSPEL AND SEA ISLAND COTTON
サンスペルとシーアイランドコットン

サンスペルとシーアイランドコットンは常に切り離せない関係にあります。私たちは1800年代にシーアイランドコットンから衣類の生産を始め、高級なシーアイランドコットンの下着とシャツの専門メーカーとして世界的に有名になりました。また、サンスペルはシーアイランドコットンを使用して初めてTシャツを製造したブランドでもあり、それまで作業着と見なされていたTシャツを高級品に作り替えました。

実は「サンスペル」は、シーアイランドコットンの栽培から触発され付けられた名前なのです。私たちは設立後の最初の数十年の間、典型的なビクトリア朝の習慣で創設者にちなんで「トーマス・ア・ヒル・リミテッド(Thomas A Hill Ltd)」と名付けられていました。 20世紀の変わり目までには、ヒルの息子であるもう一人のトーマスが事業を継承し、シーアイランドコットンの専門メーカーとして事業を発展させました。そんな彼はある日、人々の興味をそそり記憶に残る新しい名前(実際には新しい言葉ですが)を発案すると言う事を思いつきました。言い換えれば、彼は私たちが現在「ブランド」と認識している概念を作り出したのです。

サンスペルという名前のインスピレーションは、シーアイランドコットンの栽培に大切な太陽の光と突然の豪雨の完璧な組み合わせからなるカリブの気候に由来しています。カリブのレインシャワーの間の燦然とした「Sunny Spell (ひと時の晴れ間)」にちなんで会社に名前を付けるのは、道理にかなっています。

SEA ISLAND – THE RARE COTTON WE ALMOST LOST
シーアイランド - 私たちが失くしかけた希少なコットン

イギリス人のフランシス・レヴェットは1700年代に北米でシーアイランドコットンの栽培を始めた最初の何人かの内の一人として記録されていますが、アメリカ独立戦争が勃発した際に、ジョージアの農園から逃れる事を余儀なくされました。北アメリカでは国内や国外の戦争にも関わらずシーアイランドコットンの生産が続けられましたが、20世紀初頭にゾウムシ(甲虫の一種)が広範囲に渡り発生し、メキシコから米国の東海岸までの綿花地帯全体に壊滅的な打撃を与えました。

しかし極めて深刻な災害にも関わらず、シーアイランドコットンの確実な保護を願った綿花の専門家達の断固たる努力により、生き残った種子が保存され、慎重に栽培され、シーアイランドコットンは完全な絶滅から免れる事ができたのです。

WHERE IS SEA ISLAND COTTON GROWN NOW?
シーアイランドコットンは今どこで栽培されていますか?

シーアイランドコットンは日光、雨、湿度の最適な組み合わせを持つアンティグア、バルバドス、ジャマイカなど、カリブの小さな島で以前と変わらず、専属の専門家の手によって栽培されています。一年分の作物が手で摘み取られ梱包されると、素材を織るのに必要な技術を持つ世界のごく少数の専門的な紡ぎ手に発送されます。今後もシーアイランドコットンは稀少な生産品のままでしょうが、未来は保証されています。

サンスペルが選んだシーアイランドコットンは世界でも有数の品質となり、スイスの専門紡績業者によって織られています。



シーアイランドクロス


サンスペルのシーアイランドボクサーショーツ

SEA ISLAND COTTON – ALL THE RIGHT CONNECTIONS
シーアイランドコットン - 間違いの無い繋がり

シーアイランドコットンは以前から、最高品質の衣類と結び付けられていました。ビクトリア女王はシーアイランドコットンのハンカチを好んで使っており、女王に選ばれた事、稀少なコットンの価格、そして栽培の難しさの全てが魅力となり、上流階級の人々を惹きつけました。

1958年にコリン・テナント(3代目グレンコナー男爵)が4万5千ポンドで購入したカリブ海のムスティーク島(現在はプライバシーを重視する人々が集まる高級リゾート地)には、当時存続の危機にあったシーアイランドコットン農園がありました。テナントがムスティーク島の名を上げる事を決意し最初に実行した事の一つは、コットン農園の基盤を固める事でした。当時の侍女は、彼の未亡人であるアン・グレンコナーが「夫はこの農園の高品質でシルクのようにとても柔らかいコットンを非常に誇りに思っていた」と話されていた、と語っています。テナントはムスティーク島の自宅ではいつも島で収穫されたシーアイランドコットンで作られた、パジャマスタイルのスーツを着用していた、と伝えられています。



ビクトリア女王はシーアイランドコットンで作られたハンカチを好みました


シーアイランド・コットンシリーズの切手、セントクリストファーネイビス&アンギラで1963年頃に発行(画像:Shutterstock)

JAMES BOND, IAN FLEMING, AND THE LURE OF SEA ISLAND COTTON
ジェームス・ボンド、イアン・フレミング、そしてシーアイランドコットンの魅力

シーアイランドコットン愛好家の中で、最もよく知られているのは間違いなくジェームス・ボンドでしょう。 ボンドの創作者であり小説家、元海軍諜報員でもあるイアン・フレミングは、1946年にコットンと深く繋がりのあるカリブ海の島ジャマイカに、邸宅と地所であるゴールデン・アイ(GoldenEye)を購入しました。それから30年間、熱帯のこの邸宅で、彼は14の全てのジェームス・ボンド小説を書き上げました。フレミングはゴールデン・アイ滞在中は、特にシーアイランドコットンを着る事を好んでいたため、それをボンドのお気に入りに選んだとしても不思議はありません。

世界で最も有名なシークレットエージェントは、ムーンレイカー、ダイヤモンドは永遠に、女王陛下の007でシーアイランドコットンのシャツを着用し、黄金銃を持つ男ではシーアイランドコットンのボクサーショーツを着用しています。

ダニエル・クレイグのために仕立てられたリビエラポロシャツ制作に使用されたパターンの一部

WHEN JAMES BOND MET SUNSPEL
ジェームス・ボンドがサンスペルと出会った時

サンスペルは2006年にアカデミー賞を受賞した衣装デザイナーのリンディ・ヘミングと協力し、カジノ・ロワイヤルのジェームス・ボンド、ダニエル・クレイグが着用するカジュアルなワードローブを作り上げました。私たちは1950年代から作り続けてきたポロシャツを、クレイグのサイズに合わせて胸全体のフィットを細身にし、袖を少しだけ短く修正しました。この調整が彼の体格を強調し、アクションシーンでキレ良く動きやすくする事を可能としました。見た目が良く落ち着きがあり、無理なくスタイリッシュに見えるリビエラポロシャツは、ジェームス・ボンドのキャラクターと似た部分が多いようです。

ダニエル・クレイグが最後にボンドを演じるノー・タイム・トゥ・ダイの出演を記念して、サンスペルは2021年に新たにシーアイランドコットンのリビエラポロシャツを発表。このポロシャツは今までにない滑らかさで柔らかい手触りに仕上がっています。

映画「007 カジノ・ロワイヤル」でサンスペル、リビエロポロシャツを着用するダニエル・クレイグ

SUNSPEL SEA ISLAND COTTON – SIMPLY THE BEST
サンスペル シーアイランドコットン–シンプルに最高

シーアイランドコットンの特別な品質を既にご存知だった方達は、近年シーアイランドコットンが素晴らしい復活を遂げた事を当然と思われているかもしれません。しかし高品質な生地の分野でも、全てのシーアイランドコットンが同等という訳ではなく、復活は正統な種類のシーアイランドコットンの評価に基づかなければなりません。サンスペルはいつでも本物のみを使用する事により、男性、女性、そして最も目の肥えたシークレットエージェントにも選ばれています。

シーアイランドコットンのアイテム一覧はこちら