HOMEJOURNAL

太陽と雲のロゴ

2016年8月19日

150年余りに及ぶサンスペルの歴史のなかで、そのアーカイヴはインスピレーションの宝箱です。2000もの手紙、写真、そして当時の製品が資料として保存されていて、現在のコレクションのデザインの基盤となっているのです。ある時、そのアーカイヴの中に、かつて何十年もの間使われていた様々な仕様のロゴスタンプやプリント用のプレートを発見しました。その中でも目を引いたのが太陽と雲のロゴです。 ロゴについて このロゴは1930年代のもので、ブランド名をモチーフにしたものです。というのも「SUNSPELサンスペル」のブランド名は、おそらく「SUN=太陽」と「 SPELL=魔法・魅力」を組み合わせたものだろうと言われているからです。

「太陽」は20世紀初頭にすでに高い評価を得ていたシーアイランドコットンのアンダーウェアに関連があるのでしょう。学術名「ゴシピウム・バルバデンセ」としても知られているこのコットンは、南アメリカ大陸原産で何千年も前から人の手によって栽培されてきました。そして15世紀には西インド諸島での栽培が始まり、他の土地に広まったのはもっと後の1786年からに過ぎません。これが有名なシーアイランドコットン、つまり「海島綿」と呼ばれる所以です。 ブランド名「サンスペル」は西インド諸島の太陽、湿度、雨の絶妙なバランスが作り出す類い稀なハイクォリティーコットンがビジネスの中心だった時代を象徴しているのです。

何年もの間、このロゴは社用便箋や、広告印刷物、製品に縫い付けるネームなどに使われ、その色もシーアイランドコットン、ウール、綿といった素材によって使い分けられていました。
その後、ブランドイメージの近代化に伴って60年代、70年代までにこのロゴは使用されなくなりましたが、今回プリントTシャツで復刻することになりました。4色展開(ホワイト、アーカイヴホワイト、ネイビー、グレー)の限定アイテムで、もちろん英国製、素材はサンスペル定番の超長綿です。ロゴのプリントにもこだわって、ノッティンガムの地元の職人が伝統的な手法で一枚ずつ仕上げています。
ショップ、そしてオンラインストアでお買い求めいただけます。
※アーカイブホワイトは日本では表参道店限定販売となります。